交通事故・事故処理

被害者に優しい法律事務所 - 弁護士が徹底サポート

弁護士写真
お問い合わせはこちら

事故発生から示談解決までの流れ - わずらわしい手続きはすべて弁護士が対応

当事務所では後遺障害の等級に関係なくご相談いただけます。皆様がけがの治療に専念でき、安心して生活できるように、私たちが徹底サポートいたしますので交通事故直後からのお早めのご相談をお勧めしております。

流れ

自賠責保険・任意保険の請求手続き

イメージ1

自賠責保険は、人身事故(物損は対象外)による被害者の救済を目的としており、被害者1人あたりに対しての支払限度額が決まっています。
自賠責保険で受けた支払では尚、損害額に不足する場合に、加害者が任意に加入する任意保険によってその保険金額の範囲で支払われることになります。
加害者は、自分が加入している保険会社のサポートを受けて解決をするのが通常ですが、被害者は、多くの場合サポートもなく孤立無援になり、加害者側(保険会社)に比べて大きく不平等な状態に置かれてしまいます。
こうしたときに、『自賠責保険請求』を活用することにより、訴訟を回避することができたり、解決までの時間の短縮が図れるなど、被害者の方の不平等を緩和することができます。

事故を起こしてしまったら、保険会社にすべて任せておけば安心と思っている方が大部分かも知れませんが、任意保険会社も無限に支払原資があるわけではありませんから、なるべく支払を抑えようとします。
ですので、任意保険基準が裁判基準よりも低額になるケースで和解をしようとしてくることが多々あります。
任意保険会社から提示された金額を公正なものと安易に考えないことが大切です。
当事務所では交通事故の被害者であるお客様が抱えている悩みを、軽減するお手伝いをいたします。


損害賠償請求(示談交渉、訴訟)

交通事故の被害者は加害者に対し、損害賠償請求ができます。
自動車保有者は自賠責保険に加入することが義務づけられています。 被害者は加害者加入の自賠責保険に対して被害者請求手続きができます。
もっとも、加害者が自賠責保険だけでなく任意保険にも加入しているのが通常でしょうから、損害賠償については、任意保険会社の担当者と示談交渉することになります。
この場合、気をつけていただきたいのは任意保険会社の損害賠償基準は裁判基準より低額であるということです。ですので、任意保険会社から示談案が提出されたとしても、安易に署名しないで、先ずは弁護士に相談してください。
弁護士による交渉あるいは裁判によって、示談額が上がる場合もあります。

第三機関斡旋

イメージ3

示談が成立しなかった場合、簡易裁判所や交通事故紛争処理センター等の公正な第3者機関に対し示談斡旋の申立をすることにより、解決を図ります。


民事調停

イメージ2

保険会社の対応や提示額について納得がいかない場合、弁護士にご相談ください。
弁護士が代理人となって保険会社と交渉し、交渉で解決できない場合、法的に争いのある場合には、民事訴訟を提起するなどして解決できる場合があります。


1つでも当てはまる方はすぐにご相談下さい!

まずは当事務所の無料相談にて、ご相談者様の具体的な状況に合わせて、必要な対策を早急にアドバイスさせて頂きます。

チェックリスト お問い合わせはこちら

交通事故の相談、なぜ弁護士?

比較表

※司法書士は被害総額140万円未満の範囲のみ対応可能
※報酬の発生する案件を弁護士以外の方が対応することは法律で固く禁止されています。

弁護士に依頼するメリット

交通事故被害者の約9割の方が、自身での交渉により保険会社と和解を結んでいます。しかし、そうする事により数十万~数百万、ケースによっては数千万円も損をしてしまう和解内容で締結してしまう事が多くあります。そういった事態を防ぐべく、被害者の代理人として弁護士が保険会社と交渉を行うことにより、有利な立場で手続を進められることができます。賠償金額は保険会社より弁護士基準の方が高額なため、相当額を請求することができます。 また、示談低額が不服なときは訴訟に持ち込める利点などもあります。

メリット

後遺障害慰謝料 基準額

え?こんなに違うの自賠責基準と裁判所基準は?
あなたは保険会社に正しい慰謝料を提示されていますか?
弁護士を入れて交渉したほうが裁判所基準で慰謝料が高くなる可能性が高いです。

  自賠責基準額 裁判所基準額
1級 11,000,000円            ⇒ 28,000,000円
2級 9,580,000円            ⇒ 24,000,000円
3級 8,290,000円            ⇒ 20,000,000円
4級 7,120,000円            ⇒ 17,000,000円
5級 5,990,000円            ⇒ 14,400,000円
6級 4,980,000円            ⇒ 12,200,000円
7級 4,090,000円            ⇒ 10,300,000円
8級 3,240,000円            ⇒ 8,300,000円
9級 2,450,000円            ⇒ 6,700,000円
10級 1,870,000円            ⇒ 5,300,000円
11級 1,350,000円            ⇒ 4,000,000円
12級 930,000円            ⇒ 2,800,000円
13級 570,000円            ⇒ 1,800,000円
14級 320,000円            ⇒ 1,100,000円

損害賠償計算ツール

必要な項目を入力するだけで損害賠償金額の目安を計算できます。
保険会社の提案額が妥当なのか確認するのにお役立てください。

・お手元に保険会社からの提案書があれば、それに従って入力して下さい。

※結果はあくまでも目安です。具体的な金額については別途ご相談下さい。

実費を入力してください。
実費を入力してください。
1日1,500円×入院日数です。以下に入力してください。
入院日数
家屋改造費、装具備品費、その他。実費を入力してください。
1日あたりの収入×休業日数です。
(1日あたりの収入=事故前3ヶ月の給与額の合計額÷90日×休業日数)
以下に入力してください。
1日あたりの収入休業日数
他覚所見の有無を選択し、入院期間と通院期間を入力してください。
※25ヶ月まで計算が可能です。
他覚所見の有無
ヶ月 ヶ月
後遺障害による逸失利益は、以下の計算式によって算出されます。
(基礎収入)×(労働能力喪失率)×(労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数) 下表に必要事項を入力してください。

* が付いている項目は必ず入力してください。
事故前年度の年収 *
働いている人働いていない人

※職に就く可能性が低い場合には逸失利益が認められない場合があります。
*

※通常、67歳まで
*
%

後遺障害等級から算定されます。該当する等級を選択してください。

将来介護費は、以下の計算式によって算出されます。

(年間の基準額)×(生存可能期間に対するライプニッツ係数)

下表に必要事項を入力してください。


※(7)の「症状固定時の年齢」に応じた数値が入っています。
% 自分の過失割合を選択してください。
相手側からすでに支払われた額を入力してください。

※一般的な計算方法で計算しているため、実際の金額とは
違う数値が出る場合があります。
お問い合わせはこちら
Page Top
  • ホーム
  • 借金問題
  • 残業代請求
  • 交通事故
  • 一般法律相談
  • 事業所案内
  • サイトマップ